やっとなんとなくAndroidアプリの感触がつかめてきた。

とりあえずダイヤログの出し方がチョー面倒くさいこと
SDKバージョンが上がって非推奨になるメソッドが多い。

バージョン上がるほど直感的でなくなるんですね。退化してないか?

ぐるぐるマークのダイヤログ出したかっただけなのに、
バックグラウンドで動かさないといけない→スレッド化も必要
こういうの「モーダルダイアログ」と言うらしい。勉強になった。

必要ってな具合にソースコードがどんどん複雑になって
メインの処理より、プログレスバー出すためのソースの方が
多いんですけど意味不明、腹立つわー

メインの処理は35行目の1行だけ、
それ以外は単にプログレスバー出すためだけのソースコード
モーダルダイアログ的なメソッドが無いから開発者が
全部組まないとならない。

public class HaratatsuActivity extends Activity implements Runnable {
    ProgressDialog progressDialog;
    Thread thread;
 
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);
 
        progressDialog = new ProgressDialog(this);
        progressDialog.setTitle("title");
        progressDialog.setMessage("hoge");
        progressDialog.setProgressStyle(ProgressDialog.STYLE_HORIZONTAL);
        progressDialog.show();
 
        thread = new Thread(this);
        thread.start();
    }
 
    @Override
    public void run() {
        //=メイン処理はココだけ=
            mainmethod();
        //================
        progressDialog.dismiss();
        handler.sendEmptyMessage(0);
    }
 
    private Handler handler = new Handler() {
        public void handleMessage(Message msg) {
            Toast.makeText(getApplicationContext(), "slept 5 seconds",
                    Toast.LENGTH_LONG).show();
        }
    };
}
それにしてもGoogleのDocumentもわかりづらい。
英語力無いから、サンプルから理解していく術しか知らないのだが、
とにかく分からん。ServiceにActivityじゃなくJavaメソッドの登録方法が
結局わからんかった。

0 コメント:

コメントを投稿